トラリピのハーフ&ハーフを使って効果的かつ、資金半額以下で運用する!

 

どうもmMmです!

 

今日は、トラリピの基本戦術であるハーフ&ハーフについて説明していきますよ!

トラリピを始めるにあたりハーフ&ハーフは抑えておきたいポイントです。

私も、取引する前に勉強しておいて本当に良かったと、つくづく感じてます。

私がトラリピを始めた理由

関連記事:サラリーだけではヤバい!不労所得を獲得せねば!さぁ、資産運用を始めよう

 

ハーフ&ハーフの最大のメリットは、半分以下の資金で運用できるということです!

初心者で、資金が少ない私にはありがたい戦術です。

 

「まじか!でも、デメリットもあるんでしょ?」

 

もちろん、デメリットもあります。

そこで今日は、ハーフ&ハーフのメリット・デメリット、そして効果的にハーフ&ハーフを使う戦術を紹介します!

 

スポンサーリンク

FX自動売買システム トラリピとは?

 

知っている方は飛ばして次へ進んでくださいね。

 

マネースクエア社が提供しているFXの自動売買システムです。

自分が寝ている時も、働いている時もずっと売買してくれます。

最初に設定するだけで、あとはほったらかしです。

 

「トラリピをもっと知りたい!」というあなたは、こちらもどうぞ!

 関連記事:知ってましたか?トラリピは7割、裁量トレードは1割

 

 

自動売買だから、相場に張り付く必要がない。それは・・・

 

専業トレーダーのように、ずっと相場に張り付く必要がありません。

相場にずっと張り付くと、ストレスが半端なく溜まります。

当たり前ですが、資産管理をする上でストレスは少ないほうが良いです。

 

実は、少額ではありますが、FXの裁量トレードに挑戦したことがあります。

本やネットなどで調べて、万を持して挑みました。

働く・寝る・食べる以外の時間はほぼ相場に充てました。

 

結果、負けました。

 

なにより、精神的負荷が凄く大きく、働いている時も相場のことを考えてました。

負けた時には、「取り返さなくちゃ!」と焦り、ストレスがかかります。

焦るあまり、なんの理由もない所で売買して負け、余計に焦る。

と、いった負のスパイラルに陥ります。

 

これが、FXで9割の人が負ける理由の一端だと感じています。

 

トラリピは人の代わりに、自動で売買してくれます。

自分で相場に向き合い続ける必要がないということです。

それは、私にとってストレスからの解放を意味しました。

 

そして、相場に使っていた時間を他のことに使うことが出来ます。

不安やストレスが極めて少ないということは、本当に素晴らしいことです。

 

「トラリピをもっと知りたい!」というあなたは、こちらもどうぞ!

 関連記事:知ってましたか?トラリピは7割、裁量トレードは1割

 

 

ちょっと話がずれましたが、トラリピの凄さ伝わりましたでしょうか?

その凄いトラリピを、半額資金で運用できる「ハーフ&ハーフ」を紹介していきますよ!

 

 

半額以下で取引できる「ハーフ&ハーフ」とは?

 

「半額以下の資金で取引できるって、どういう意味?」

まず、これについて説明しますね。

 

クリックすると大きくなります。

 

簡単に言うと、取引したい値幅の中央価格から、下の値幅を買いに、上の値幅を売りにする。

こうすることで、取引したい値幅で「買い」や「売り」だけにするより、証拠金が少なく済みます。

 

 

ハーフ&ハーフを使った時と使わない時の、必要資金を比較

 

では、本当に必要資金が半額以下なのかを、トラリピ運用試算表を使って確認してみましょう。

 

比較例 : 米ドル円で80円~100円の値幅で取引したい場合

 

 

買い注文だけの場合は、2,714,800円が必要

 

 

「必要資金の合計(①-②)」(赤枠)が必要な資金となります。

ちなみに、ロスカット価格は「東京15時ロスカット」で確認できます。

 

 

ハーフ&ハーフの場合は、879,520円が必要

 

クリックすると大きくなります

 

ハーフ&ハーフで取引する場合は、買い注文と売り注文の、どちらか高いほうの金額が必要となります。

今回の例では売り注文のほうが高いので、必要な資金は879,520円となります。

 

買い注文のみは2,714,800円に対し、ハーフ&ハーフは879,520円です。

なんと、約3分の1の資金で運用できますね!

 

 

◆ トラリピ運用試算表 ◆
トラリピの口座を開設することで使えるようになるツール。
簡単に、必要資金やロスカット価格を把握することができます。

 

 

ハーフ&ハーフのメリット

 

では、メリットを見ていきましょう!

 

 

必要資金が半額以下・・・いや、3分の1

 

半額、いや3分の1ほどの資金で運用できます。

これが、ハーフ&ハーフの最大のメリットですね。

「何回言うねん!」

最大のメリットなんで、何回も言いたいです!(笑)

 

資産運用を始めたくても、資金が心元ない。

やっぱり、FXは諦めるしかない。

でも、トラリピのハーフ&ハーフなら取引できるんです。

 

実際、私もハーフ&ハーフを使って約40万円で運用しています。

ハーフ&ハーフが無かったら、約140万ほどの資金が必要でした。

初心者の私にはそんな大金は用意できずに断念していたでしょう。

 

もちろん、取引値幅(レンジ)を狭くすれば取引できますが、損失のリスクが高まります。

資産運用する上で、リスクを出来るだけ抑えないといけないですよね。

「リスク高めてまで、資産運用できない!」

こういった意味でも諦めていたでしょう。

 

 

含み損を抑えることができる

 

含み損も抑えることができます。

単純な話で、値幅の中央で、買いと売りを分けているので、抱え込む損失が半分以下になるんです。

ハーフ&ハーフは、抱え込む損失額も抑えることできます。

 

買い注文だけの含み損は?

 

例えば、下図が100円~120円の買い注文だけと想定とした場合。

 

クリックすると大きくなります

 

損失の幅は20円となります。

 

ハーフ&ハーフの含み損は?

 

その点、ハーフ&ハーフは下図のようになります。

 

クリックすると大きくなります

 

最大10円幅の損失で済むわけです。

 

実際の損失の差を計算してみる

 

また、トラリピは一定の値幅内でいくつも注文します。

上図であれば、買いは8つの注文をしています。ハーフ&ハーフの場合は4つの注文をしています。

注文一つに対して、2円ごとに注文した場合。

◆ 含み損を計算 ◆
買いだけの場合 : 18+16+14+12+10+8+6+4  = 88円 

ハーフ&ハーフ : 10+8+6+4  = 28円含み損の差額    : 88円 – 28円 = 60円

 

ハーフ&ハーフの方が、60円も含み損が少なくなりました。

比率にすると約31%、3分の1以下に含み損を抑えることができます!

 

これはあくまでも例なので、トラップ数(注文数)に応じて比率は変わり。

ただ、シンプルに下半分から注文することになるので、必然的に含み損を抑えることが出来ます。

 

 

価格が中央値になると、含み損が0円(リセット)される

 

価格が中央価格になると、含み損がゼロになります。

これも、嬉しいメリットですね。

 

買い注文だけの場合。

 

下図のように高値から安値に向けてチャートが成り立っているとした場合。

価格が中央値になった時点で、含み損が発生しています。

 

クリックすると大きくなります

 

中央価格から更に下落すると、より含み損を抱えることなります。

 

ハーフ&ハーフの場合

 

クリックすると大きくなります

 

図のように上から中央値になった場合、売り注文が終了し、ポジション(保有する外貨資産)がゼロになります。

ポジションが無い = 含み損が無い状況です。

 

買い注文だけで右肩上がりの場合、どうなの?

 

買いで右肩上がりのチャートなら利益は上がります。

ずっと右肩上がりであればいいですが、為替相場は7割がレンジ相場です。

要するに、同じ値幅で価格が上げ下げすると言うことで、ずっと右肩上がりではないんです。

なので私は、長期的に見てレンジになるであろう値幅に、ハーフ&ハーフを使って運用しています。

 

「じゃ~ハーフ&ハーフが正解なのか?」

 

何でもそうですが、強みと弱味があります。

買い注文だけを活かす場合。

短期的な上げ相場を読み、底値付近で注文する。

値幅を上に突き抜けた時点で、トラリピの注文を取り消せば利益を上げれます。

 

個人的には、相場なんて読めないと思ってますが、相場を高確率で読めるならこの手法はありだと思います。

他にも、過去の最高安値と最高高値の大きい値幅で注文するといった方法もあるでしょう。

実現にはかなりの資金が必要になります。

 

なので、資金が少ない私はハーフ&ハーフを使い、広い値幅をカバーする方法で運用しています。

 

 

広い値幅(レンジ)をカバーできるため、長期運用できる

 

前途した通り、ハーフ&ハーフを使うことで、取引したい値幅を半分以下の価格で取引できます。

 

同じ資金で「買い注文だけ」」「売り注文だけ」に比べて、より広い値幅を取引できるということです。

これは、安定性を高める上で本当に嬉しいことですね。

 

狭い値幅で取引すると、リスクが高くなりロスカットの可能性が高くなります。

 

 

ハーフ&ハーフのデメリット

 

取引したい値幅の上下にリスクがある

 

買い注文だけの場合は、取引値幅の下にリスクがあります。

売り注文だけの場合は、取引値幅の上にリスクがあります。

 

「ハーフ&ハーフの場合はどうなのか?」

 

取引値幅の上下にリスクがあります。

価格が取引値幅の上下どちらに突き抜けても、含み損を抱えることになります。

 

 

売りのスワップ損が発生する

 

スワップとは、2国間の金利の差額のことです。

買いポジションを1日保有すると、スワップに応じて利益を得れます。

※通貨ペアによってマイナススワップもあります。

 

逆に売りポジションの場合は、ほぼマイナススワップとなります。

ハーフ&ハーフの場合は上半分が売りのため、売りポジションを持ったまま1日経過した場合。

マイナススワップが発生します。

※通貨ペアによってプラススワップもあります。

 

下図はトラリピのスワップ一覧です。

※スワップは1日毎に変動します。

 

通貨ペア本日の付与日数売・スワップの
金額
買・スワップの
金額
米ドル/円(USD/JPY)1日分-74 円14 円
ユーロ/円(EUR/JPY)1日分1 円-31 円
ユーロ/米ドル(EUR/USD)1日分0.4 ドル-0.7 ドル
豪ドル/円(AUD/JPY)1日分-50 円10 円
豪ドル/米ドル(AUD/USD)1日分-0.11 ドル-0.19 ドル
NZドル/円(NZD/JPY)1日分-50 円10 円
NZドル/米ドル(NZD/USD)1日分-0.11 ドル-0.19 ドル
カナダドル/円(CAD/JPY)1日分-75 円41 円
英ポンド/円(GBP/JPY)1日分-45 円15 円
トルコリラ/円(TRY/JPY)1日分-96 円40 円
南アフリカランド/円(ZAR/JPY)1日分-20 円5 円

※金額は1万通貨あたり

 

by マネースクエア社 スワップ(金利差相当額)

 

 

ハーフ&ハーフを効果的に使うには

 

メリット・デメリットを紹介してきました。

これらを踏まえた上で、どのようにハーフ&ハーフを使っていけばいいかを私なりの戦術を紹介します!

 

安定したレンジ相場を探す

 

トラリピのデメリットで紹介した通り、ハーフ&ハーフは値幅の上下に含み損のリスクがあります。

これを回避するには、長期的に安定したレンジ相場を探す必要があります。

 

要するに一定のレンジが長く続き、あまり上下に突き抜けていない通貨ペアを探す。

なので、あまり値動きが激しい通貨はおすすめしません。

 

 

平均的なスワップを選ぶ

 

ハーフ&ハーフは買い・売り注文も両方あります。

プラススワップも発生すれば、マイナススワップも発生するということです。

発生するのであれば、極力スワップの低い通貨ペアを選びます。

 

 

私のおすすめ設定は?

 

私の場合は、NZD/USDにしています。

値動きも緩やかで、長期的なレンジを形成してます。

 

関連記事:【初心者】初めてのトラリピ!実際の設定と狙いを紹介!

 

 

運用実績

 

「実際、運用し初めてどうだった?利益でたの?」

 

やっぱり、気になりますよね。

では、私の1週目、2週目の運用実績を公開します!

 

関連記事:【1週目】トラリピの運用実績を公開!不労所得は+1552円!

関連記事:【2週目】トラリピの運用実績を公開!不労所得は+1041円!

 

 

注文方法:ハーフ&ハーフといった注文画面は無い

 

トラリピの注文画面でハーフ&ハーフといった注文機能は有りません。

 

「では、どのように注文するか?」

 

買い注文と売り注文をそれぞれ別でするだけです。

シンプルですね(笑)

 

 

まとめ

 

ハーフ&ハーフについてまとめます。

 

■メリット

・半分いや3分の1の資金で運用できる。

・含み損を半分以下に抑えることができる。

・取引値幅の中央価格で、含み損がリセットできる。

・広いレンジをカバーできる。

 

■デメリット

・取引値幅の上下にリスクがある。

・売りのスワップ損がある。

 

■ハーフ&ハーフを活かす戦術

・値動きが緩く、長期的にレンジ相場を形成している通貨ペアを選ぶ。

・スワップが極力小さい通貨ペアを選ぶ。

 

ハーフ&ハーフを効果的に使って、心にも、懐にも優しい資産運用生活を送りましょう!

 

 

トラリピを始めたいあなたはこちらから。
資産運用は始めるなら早いほうがいいですよ!

マネースクエア ポケトラアプリ用

コメント