昼寝とコーヒーが眠気にダブルで効く!仕事の効率が高い人は知っている最強昼寝術

コーヒーナップ_イメージ

 

どうもmMmです!

昼下がりにボーとなって、思うように仕事が捗らない。
そんな時は、昼寝をするとハイパフォーマンスで仕事ができます。

※昼寝の力についてはこちらをどうぞ!

パ、パフォーマンスが落ちないだと!?仕事がデキる人の昼寝術

 

昼寝が効果的というのはすでに多くの研究で証明されてます。
パワーナップとも云われ、Googleなどの大企業でも取り入れられてます。

 

この昼寝を更にパワーアップさせる、コーヒーナップについて紹介します!

 

 

スポンサーリンク

コーヒーナップとは

コーヒーを飲んで昼寝することを、コーヒーナップと呼ばれてます。

「あれ、コーヒーって眠気覚ましの飲み物だよね?」

私自身、疑問でしたが調べてみると、実に理にかなっている方法でした。
実践してみると普通に昼寝よりも、眠気が解消されて仕事のパフォーマンスも向上しました。

 

眠気の元であるアデノシンに、ダブルで効く!

なぜ、コーヒーを飲んで寝ることが効果的なのか?
普通に考えると、コーヒーを飲むと昼寝の邪魔になりそうですよね。
実は、カフェインが効果発動までの時間がミソだったんです。

コーヒーを飲んでカフェイン効果が出るまで、凡そ20分かかるんです。

 

もうお分かりですよね?

効果が出るまでの20分を昼寝に当てることで、
昼寝とカフェインのいいとこだけ取れるという寸法です。

そもそも、アデノシンとアデノシン受容体がくっつくことで眠くなります。

昼寝により、眠気の元であるアデノシンが減ります。
残ったアデノシンにアデノシン受容体の代わりに、
カフェインがくっつき、眠気を抑えることができます。

 

昼寝とコーヒーが眠気の元にダブルでドーン!・・・・・・関西の人は知っているはず)笑

 

 

コーヒーナップは昼寝よりも、効果的と証明されてます

様々な研究でも、昼寝よりもコーヒーナップが効果的と証明されてます。

広島大学では10名の大学生を対象に、以下の研究を行いました。

  1. 20分間の仮眠前にカフェイン200mgを含むコーヒーを摂取
  2. 目覚めた直後に2000ルクスのまぶしい光を1分間浴びる
  3. 冷水で洗顔する
  4. 仮眠のみ
  5. 仮眠なし

この条件で、主観的な眠気と反応速度を検証しました。
もっとも結果がよかったのが、1のコーヒーナップでした。

 

東海大学では、8名の学生に対し研究を行ってます。
学生に対し、専門外のビデオ視聴後に理解度テストを行ってます。
ここでも仮眠のみとコーヒーナップと比較し、
コーヒーナップが優れていることが分かりました。

 

寝る直前に一気にコーヒーを飲もう!

コーヒーナップのコツ

 

コーヒーは寝る直前に、一気に飲みましょう。
ちびちび飲むと、カフェイン効果に時間差が発生してしまい、
コーヒーナップが上手くきません。

必要なカフェイン量は80mlほど、コーヒー一杯(200ml)程度です。
寝る直前に、グビッと飲みましょう。

 

アツアツのコーヒーは飲みづらいので、
ぬるめのコーヒーかアイスコーヒーがおススメですよ。

砂糖はカフェイン効果を減少させるので、
出来るだけブラックにしてみてください。

 

まとめ

まとめると

  • コーヒーはグビっと一気に飲む。 ※できればブラックコーヒー
  • コーヒーを飲んだら、すぐに寝る。
  • 20分後に起きる。

こうすることで、普通の昼寝よりもリフレッシュ!

 

昼以降、ボーとしてなかなか仕事が終わらなかったことありませんか?

そんなときは、コーヒーナップを試してください。
仕事が早く終わり、残業も少なくなりますよ。
なにより、定時までに仕事を終わらせた充実感も感じますよ!

コメント