眠れてますか?睡眠不足で力尽きる前に知ってほしい睡眠の力

睡眠の力

 

どうもmMmです!

突然ですが

「最近、眠れてますか?」

 

NHKの国民生活時間調査では、1960年の平日の睡眠時間は8時間13分でした。
でも、2015年は7時間15分と少なくなってます。

実に、50年前から1時間も睡眠時間が短くなってます。

 

あなたも

「仕事あるから、睡眠時間削るしかない」

「ついつい動画見て、寝不足だわ~」

「6時間も寝れてるから、大丈夫!」

となってませんか?

 

睡眠不足が続くと色々な意味で力尽きてしまいます。
逆に、良い睡眠をとり続ければ、幸せへと大きく進めますよ!

今日は、睡眠不足があなたの人生に及ぼす影響を紹介します。

 

スポンサーリンク

睡眠不足が及ぼす悪影響

睡眠は疲れた体や脳を修繕・回復してくれます。

短時間しか寝れてない、寝てもすぐ起きてしまう。
こんな状態が続くと、体と心に様々な悪影響を及ぼします。

 

がん・脳卒中などの重大疾病へのリスクが高まる

がん・心臓病・糖尿病等のリスクが高くなります。
睡眠不足が続くと、メラトニンというホルモンが少なくなり、
病気に対する免疫力が低くなります。

 

様々な研究によって、睡眠をとっている人に比べて

睡眠時間が

  • 6時間未満だと、48%の人が心臓病
  • 6時間未満だと、脳卒中になる確立が4倍
  • 6時間未満だと、乳がんや前立腺がんのリスクが1.4倍
  • 5時間未満だと、糖尿病のリスクが2倍

他にも

  • 5時間未満だと、風邪のリスクが4.5倍

といった結果が出ています。

病気をしやすくなり、元気に過ごせない可能性が高いということですね。

 

 

アルツハイマー病のリスクが高まる

深い睡眠をすることで、脳の中にある老廃物や有害物質を除去しています。
睡眠が浅かったり、眠れていなかったりすると、老廃物などを除去できなくなります。

眠れない日が続くと、頭の中にゴミが溜まり続けて、ゴミ屋敷状態みたいになります。

ただ、ゴミ屋敷と違う点があります。
脳は「これ以上はゴミ入らないよ!」となっても、無理やりゴミ入れようとします。
それこそ、細胞を壊しても入れようとします。

 

これが続くとアルツハイマー病へといたる可能性が高くなります。
米ワシントン大学の研究ではこのような結果が報告されました。

最も睡眠効率が悪かった人は
睡眠がよい人よりも5倍以上、初期アルツハイマー病となる可能性が高い。

 

また、アルツハイマー病は急に発症するのではありません。
老廃物や有害物質が数十年間にわたり蓄積して発症します。

これを知った時、私はちょっと冷や汗でました。
30台だから大丈夫だろうとタカを括って、数十年後に後悔することになる。
いや、後悔すらも発症してしまうと、忘れているかもしれません。

 

シミやシワが増え、老けるのが早まる

睡眠中に成長ホルモンが肌の修復・再生を促し、若々しさを保ってくれます。
睡眠不足に陥ると、成長ホルモンが上手く働かず、シミやシワが出来やすくなります。

 

8時間睡眠をとった後、6時間睡眠を5日続けるといった実験がありました。

その結果は、8時間睡眠と比べて

  • シワの数が45%増加
  • シミの数が13%増加
  • 肌の赤みが8%増加

見た目もなんか疲れてるのかなぁ~といった感じになってきます。

 

ストレスに弱くなり、うつ病の可能性が跳ね上がる

睡眠不足だと自律神経が乱れ、ストレスに対して弱くなります。
ある実験では、偏桃体の制御が上手くいかないことが分かりました。

偏桃体は嬉しい・悲しいといった感情に対して、
感情が偏り過ぎないようにバランスをとってくれてます。

でも、睡眠不足が続くと、
悲しいといったネガティブな感情刺激に対してだけ、過剰反応するらしいのです!

こうなると、マイナス方向の感情が優位になります。
脳の中が不安や恐怖でいっぱいになり、うつ病への道を歩み始めることになります。

 

食欲が増し、肥満になりやすい状況になる

睡眠が疎かになると、グルコースが少なり判断能力が低下します。
私たちの脳は原始時代から、判断能力の低下が死に直結すると理解しており

「早く、甘いものを食べるんだ!そうでないと肉食動物に襲われるぞ!」

と、危険信号を脳に送っています。

こうなると、ドーナツ・ポテチ・チョコといった糖質が無性に食べたくて仕方なくなります。

夜更かし中にポテチ食べたくなる経験ありませんか?
私はあります。とういか食べました)笑

遺伝子レベルの食欲 VS 食べてはダメだ!の意志力

どちらか強いかを考えるまでもないですよね。

 

仕事のミスが増え、パフォーマンスも低下する

睡眠不足が続くと

  • 仕事上でまずい判断をしてしまう
  • 作業時間が延びる
  • 注意力が低くなり、ミスをする

といった具合に、仕事のパフォーマンスが軒並み低くなります。

ある調査では、睡眠不足の人は、睡眠をしっかりとった人に比べ、
業務を完了させるの14%長くかかり、ミスする確率は20%以上高かった。
ミスした時のフォローも考えると、目を覆いたくりますね。

私自身も、睡眠時間が短い日のパフォーマンスは最低です。
いつもなら15分で終わるはずの仕事が、1時間かかったりもしました。

何より、仕事に着手するまでに時間がかかるんです。
「あ~だりぃ~、仕事するのが面倒だな~」
といったような気持ちになってるんです。(俺だけ?)

睡眠不足によるパフォーマンス低下は負の連鎖になります。

仕事をミスする・作業時間が延びる ⇒ 残業が増える ⇒ 眠る時間が減る ⇒ また仕事をミスする

こんな、人生嫌ですよね(泣

 

 

まとめ

いかかでしたか?

まとめると

病気にかかりやすくなり、太りぎみ。
早く老けていき、日々ストレスで情緒不安定。
仕事の質も低くなり、評価も下がる。
家族や同僚・上司との人間関係も上手くいかない。

人生悪いことだらけですね。

でも、睡眠をしっかりとれば真逆になりますよ!

 

より良い明日、より良い人生のために、今日からアナタの睡眠を見直しませんか?

コメント