そのコーヒーナップ効いてますか?眠い・仕事が終わらないアナタに知ってほしい4つのこと

 

どうもmMmです!

 

「コーヒーナップしても眠い」

「コーヒーナップをしてから、逆に仕事の調子が悪い」

 

こんなことになってませんか?

実は、私もコーヒーナップして調子が悪くなった時がありました。

 

「いつもはイイ感じで眠気に効いてるのに、なんでなんだろう?」

 

コーヒーナップは色々な研究でも効果が証明されている方法です。

 

どこか間違いがあるのだろうと、調べて解ったことがあります。

今日は、そのコーヒーナップが上手く機能しない理由、逆に効果を最大化させる方法を紹介します!

 

 

スポンサーリンク

夜の睡眠は足りてますか?

 

「日中ずっと眠い・・・コーヒーナップをしても眠気がとれない」

 

この場合、夜の睡眠が足りてません。

あなたの夜の睡眠時間は何時間でしょうか?

もし、7時間以内なら睡眠が不十分の可能性が高いです。

 

夜の睡眠は、3大欲求の一つであり、活きるために人体が必要としていることです。

睡眠が十分でないと、身体・精神ともに良くない影響があると証明されてます。

 

※睡眠の影響については、こちらをどうぞ

眠れてますか?睡眠不足で力尽きる前に知ってほしい睡眠の力

 

夜の睡眠が最優先です。

睡眠が十分であれば、正午は眠気もなくバリバリ仕事ができます。

そして、昼は体内時計と昼食によって眠気が高くなります。

そこで、コーヒーナップの出番です。

 

日中ずっと眠いなら、まずは夜の睡眠を万全にしましょう!

 

 

慣れることで、昼寝の効果は上がる!

 

「1回、コーヒーナップ試したけどあんまりスッキリしなかった」

 

それは慣れていないだけかもしれません。

昼寝を繰り返すことで、起きるときの寝ざめの良さが変わってきます。

1回試してなんか今一つだなぁ~と思っても、何回か実践してみてください。

1日だけでは眠気が少し残りますが、3日以上続けると眠気は感じません。

 

私も昼寝も練習すれば、レベルが上がってくるんだと知りました)笑

 

 

スポンサーリンク

コーヒーナップの門限は14時

コーヒーは14時まで

 

ご存知の通り、コーヒーに含まれているカフェインは眠気覚ましに効果的です。

コーヒーナップは、コーヒーを飲んですぐ昼寝することで、カフェイン効果が発生するまでの20分前後を上手く利用しているわけです。

 

では、カフェインの効果は何時間続くのでしょうか?

 

実は最大14時間続き、半減するのにも5~8時間かかるといわれてます。

ウェイン州立大学の研究では、寝る間際、3時間前、6時間前にカフェインを摂取したところ、睡眠が大幅に阻害されるという結果が出ています。

 

「寝る前にコーヒー飲んでるけど、問題なく眠れてるけどなぁ~」

これも怖いところです。

自分では睡眠阻害されていることに、”気づかない” という結果も出ています。

知らず知らずの内に、夜の睡眠レベルが低下しているということです。

 

最初に書いている通り、夜の睡眠はとても大事です。

コーヒーナップが効果的でも、夜の睡眠が疎かになるのであれば本末転倒です。

コーヒーナップは14時までにしましょう。

22時寝るとしても、8時間は時間を置くことができます。

 

「コーヒーが好きで、どうしても14時以降のコーヒーがやめれない!」

私もコーヒーが好きですから気持ちはわかります。

そんな時、私はカフェインレスのコーヒーを飲むようにしてます。

 

最近はおいしいカフェインレスコーヒーもあるのでおススメです。

とは言っても、微量のカフェインは入ってるので寝る直前は控えましょうね。

 

 

コーヒーは1日3杯まで

 

コーヒーは覚醒効果だけに留まらず、脂肪燃焼や抗酸化作用など、体にとてもいい飲み物ですが飲み過ぎは厳禁です。

 

1日400mgを超えるカフェインを摂取すると体に悪影響がでます。

 

胃が荒れて気分が悪くなったり、脂肪燃焼や利尿作用が働き過ぎて体調不良・ニキビ・肌荒れになったりします。

更に、長期間に渡って過剰摂取すると、ガンや動脈硬化などのリスクが高まります。

 

コーヒー1杯で70mg~100mgのカフェインが取れます。

コーヒー4杯以上飲むと、1日のカフェイン摂取量を超えてしまいます。

 

「コーヒーの飲み過ぎで体調を悪くした!」

 

これでは、コーヒーナップどころではありません。

なんでもそうですが、いくら体に良くても取り過ぎは注意しましょうね。

 

 

まとめ

 

コーヒー1杯飲み、すぐ15~20分間寝る。

コーヒーナップの方法はこれだけです。

 

でも、効果を最大化するには

  1. 大前提として、夜の睡眠はしっかりとる。 
  2. 1回で諦めないで、3日は続ける。 
  3. 不健康にならないために、コーヒーは1日3杯まで。 
  4. 夜の睡眠のために、コーヒーを飲むのは14時まで。

 

仕事の生産性をガッツリ向上させるためにも、この4つを実践してみてください!

そして、時間を浮かして、あなたが大事だと思うことにより時間を使いましょう!

コメント