これで大丈夫!SUMIFを使いこなす方法 Excel・エクセル

この記事は約6分で読めます。

Excel SUMIFアイキャッチ

 

どうもマサヤです!

今日はSUMIF関数を使いこなす方法について紹介します!
ネット上でたくさん情報のあるSUMIF関数を今更書くのも・・・
と思ったのですが、↓のような相談を受けることがあります。

 

SUMIF関数のコピペ上手くできない・・・

使いこなせていない感じがする・・・

 

そこで今日はSUMIF関数のコピペの仕方から、便利な使い方まで
SUMIF関数の使いこなす方法をガッツリ紹介します!

 

 

スポンサーリンク

おさらい:SUMIF関数とは?

 

知っている方も多いと思いますが復習もかねてSUMIF関数の基本を解説します。
「指定した条件を満たす範囲内の値を合計する」ことができます。

 SUMIF(①範囲,②条件,③合計範囲)
①範囲   : ②条件を評価するセル範囲を指定します。
②条件   : ①範囲に対して適用する条件を指定します。
③合計範囲 : 条件に合致した際、加算するセル範囲を指定します。

 

 

【動画】SUMIF関数を使ってみる

 

では、SUMIFの基本的な使い方を動画で見ていきましょう!

SUMIF使い方

 

日曜日(黄色セル)の売上金の合計を計算しています。

 

動画を例にして数式の中身を解説すると、以下のようになります。
=SUMIF( 曜日を範囲で選択 , 日曜日を選択したいので”日”と入力 , 合計したい範囲を選択 )

 

 

【動画】仕事でSUMIFの使いこなす:項目別に合計を計算

 

いや、SUMIFの基本的な使い方は知っているんだよ・・・
どういったシーンで使ったらいいかを知りたいんだ!

mMm
mMm

わかりました。
仕事でSUMIFを良く使うシーンといえば項目別の計算でしょう!
↑の動画の表を使って曜日別の売上を出してみましょう。

 

SUMIF 項目別合計

 

動画では曜日別を合計しています。

SUMIFを一つ作って、他のセルにコピーする際のポイントも併せて紹介してます。
コピー&ペーストといった作業が、オートフィルによりワンクリックできちゃいます。

 

作ったSUMIFをコピー&ペーストする場合、SUMIFの範囲・合計範囲は絶対参照しましょう。
絶対参照しなかった場合、コピーした際にセル範囲がズレて正しく計算できなくなります。

絶対参照:セル範囲を選択した際にF4を押すことで絶対参照(セルに$が付きます)にできます。

 

もちろん曜日だけでなく、売上日や住所でも合計をだすことができますよ。
項目別で合計を出すのはSUMIFの一つの醍醐味でしょう!

 

一度、習得するだけで様々な項目別の合計が出せるようになります!

 

 

仕事でSUMIFの使いこなす:条件に不等号・ワイルドカードを使う!

 

mMm
mMm

もっとSUMIFの強みを紹介していきましょう!
条件に数式・不等号・ワイルドカードを使うことで柔軟な計算ができますよ!

 

●日以前や●日以降など、日付を合計する

 

SUMIF等号_日付

 

動画で使っているSUMIFの式は以下となります。

売上日が9月3日以前の売上金を合計する。
=SUMIF($E$6:$E$19,“<=2018/9/3”,$G$6:$G$19) 

売上日が9月4日以降の売上金を合計する。
=SUMIF($E$6:$E$19,“>=2018/9/4”,$G$6:$G$19)

 

条件に等号(<=や>=)を使うことで●●以前、●●以降などの条件が設定できます。

 

 

●●以外で合計する

 

SUMIF不等号

 

動画では住所で●●以外を合計してます。式は以下となります。

住所が大阪府以外の売上金を合計する。
=SUMIF($C$6:$C$19,“<>大阪府”,$G$6:$G$19)

住所が東京都以外の売上金を合計する。
=SUMIF($C$6:$C$19,“<>東京都”,$G$6:$G$19)

 

条件に不等号(<>)を使うことで●●以外の条件が設定できます。

 

 

●含むで合計する

 

SUMIF ワイルドカード

 

動画では住所で●含むを合計してます。式は以下となります。

住所に府を含む売上金を合計する。
=SUMIF($C$6:$C$19,“*府”,$G$6:$G$19)

住所に都を含む売上金を合計する。
=SUMIF($C$6:$C$19,“*都”,$G$6:$G$19)

 

条件にワイルドカード(*)を使うことで●●以外の条件が設定できます。

 

 

【動画】入力合わせての合計を計算させる

 

mMm
mMm

入力内容に応じて合計が自動で変わる方法を紹介します。
不等号やワイルドカードに入力セルを連結させる応用技になります。

 

 

SUMIF 連結技

 

動画ではA4に入力した売上日に応じて、A8に合計が自動で計算されています。

ポイントは&になります。
&マークを使うことで、不等号やワイルドカードなどと連結させることができます。

 

A4が2018/9/1であった場合、SUMIFの式は以下のように解釈されます。
=SUMIF($I$3:$I$16,“>=” & A4,$K$3:$K$16)

=SUMIF($I$3:$I$16,“>=2018/9/1”,$K$3:$K$16)

まとめ

 

使い勝手良くするポイントは・・・

オートフィルや絶対参照も併せて使う

オートフィルや絶対参照もつける意識を持ちましょう!
コピー&ぺーストする手間が省けますよ!

 

使いこなすポイントは・・・

条件に数式や等号を使ったり、セルと連結して使う。

正直、項目別であればピボットテーブルでも出来たりします。
でも、SUMIFの良いところは条件に数式や等号などが使えることです。
これにより複雑な条件で合計を計算できます!

 

違う関数やExcelの小技を紹介!

 

他の関数の使い方を求めるアナタに!

IF関数の基本をおさえる!ExcelのIF関数で効率UPしませんか?
Excel・エクセルのVLOOKUPが使えない?使い方とポイントを動画つきで紹介!

 

コメント