Excel え?ショートカットより速い!?高速技を紹介!

Excel ショートカットより速いハイブリッドショートカット

 

どうもmMmです!

 

Excelには数多くのショートカットがありますよね?

でも、中には片手だけでは押しずらく、マウスを併用したほうが速い場合があります。

 

「ショートカット覚えたけど、押しづらいんですけど・・・」

 

例えば、セル削除のショートカットである 【Ctrl】 + 【-】ですが、私は片手で押せません。

結局、マウスから手を放して両手を使ってショートカット押すことになります。

 

私、気づきました。

【マウスで右クリック】 ⇒ 【D】のほうが断然速いと・・・

そこで、今日は私がよく使うマウスとキーボードを併用したハイブリッドショートカットを紹介します!

※ハイブリットショートカットという名前は私が勝手に作った造語です)笑

 

※注意※ アナタがもし片手で全てのショートカットを押せるならこの方法は不要でしょう。

 

 

スポンサーリンク

セル・行・列の削除:【右クリック】⇒【D】

 

Excel ハイブリッド セル削除

 

冒頭でお話したセルの削除です。

 

削除したいセル・行・列をマウスで選ぶ ⇒ 右クリック ⇒ D

 

ショートカットでは、【Ctrl】+【-】になります。

【-】が片手で押しづらく、マウスから手を放す必要があります。

 

でも、この方法ならマウスから手を放している間にセルの削除が出来ます!

 

 

セル・行・列の挿入:【右クリック】⇒【I】

 

Excel ハイブリッド セル挿入

 

今度はセル・行・列の挿入です。

 

挿入したいセル・行・列をマウスで選ぶ ⇒ 右クリック ⇒ 【I】

 

ショートカットでは、【Ctrl】+【Shift】+【+】になります。

 

これもマウスから手を放す時間で挿入できます。

 

 

セルの書式設定:【右クリック】⇒【F】

 

Excel ハイブリッド 書式設定

 

書式設定をサクッと出す方法です。

 

セルを選ぶ ⇒ 【右クリック】 ⇒ 【F】

 

ショートカットは【Ctrl】+【!】です。

片手で押せる位置にありますね。

でも、手首を少し外側に向けて押すためちょっと辛いんです。

 

「押しなれたFキーのほうが断然いいだろう」と思い、この方法にしたらとても快適でした。

慣れてくるとこっちのほうが速いです。

私個人としては辛くないのがなにより嬉しいですね)笑

 

 

スポンサーリンク

選択セルでフィルタリング:【右クリック】⇒【E】⇒【V】

 

 

Excel ハイブリッド フィルタリング

 

フィルタリングです。

 

絞り込みたいセルを選ぶ⇒【右クリック】⇒【E】⇒【V】

 

私がこれを見つけた時は速さだけでなく、便利さにもびっくりしました。

 

通常、フィルタリング(絞り込み)は見出し部分のプルダウンから項目を選びます。

データが多くなると、プルダウンから項目を探するのも一苦労です。

しかし、この方法は絞り込みたいセルを選択して実行するだけです。

 

 

フィルタリングの解除:【右クリック】⇒【E】⇒【E】

 

Excel ハイブリッド フィルタ解除

 

フィルタリング(絞り込み)の解除です。

 

【右クリック】 ⇒ 【E】 ⇒ 【E】

 

↑の絞り込みと解除を繰り返す場合に便利です。

なにより、Eキーを2回連続というのが楽で覚えやすいですね。

ぜひ、絞込とセットで覚えるのがおススメです!

 

 

降順で並替:【右クリック】⇒【O】⇒【O】

 

 

Excel ハイブリッド 並替

 

降順で並べ替えです。

 

【右クリック】 ⇒ 【O】 ⇒ 【O】

これもOキーを2回連続押すだけなので覚えやすいです。

ちなみに、ショートカットは、【Alt】+【H】+【S】+【O】で長いです。。

 

 

便利なショートカットと小技

 

今回紹介したハイブリッドショートカットではありませんが、効率を上げるショートカットや小技がまだありますよ!

 

厳選!効率が上がるExcelのショートカット活用術
Excelのショートカットは100個以上あります。でも、そんなに使いこなせてますか? 私自身、全然使いこなせてません。使いこなせなくても、「ExcelはmMmだよな~」と会社では言われてます。 そのワケは数多くショートカットを知っているからではなく少ないショートカットを使いこなすように努力しているからです。 そこで、私自身が仕事でよく使うショートカットを紹介していきます。

 

す、すばやい!仕事のできる人は使っているExcelの小ワザ

 

まとめ

 

10年以上、Excelを使って気づいたことがあります。

 

「全てのショートカットが速いわけではない」

 

紹介した方法は、実務で使っていく中で速いと体感したものばかりです。

 

もし、あなたがショートカットを少しでも使いづらいと思っているならお試しください。

何度か操作すれば手が覚えてくれます!

コメント