Excel サクッと数をカウントするにはCOUNT関数!

Excel関数 カウント関数 アイキャッチ

 

どうもmMmです!

 

「データがいくつあるのか数えたい!もうデータを手で数えるのは嫌だ」

「飲み会の参加者が何人か数えたい」

「データの中に空白がないかチェックしたい」

 

Excelを使っていく中で数をカウントするのは結構発生しますよね。

 

ExcelにはCOUNT関数という数をカウントしてれる関数があります!

この関数を使えば数字や文字が入っているセルの個数を数えることができます。

私も飲み会の人数をカウントして合計金額と割って、割り勘する金額を計算するときに使います。)笑

もちろん、仕事でもガンガン使ってますよ!

 

そんなCOUNT関数の使い方と注意点を紹介します!

更に、その仲間であるCOUNTA関数・COUNTBLANK関数などの使い方も紹介していきますよ!

 

 

スポンサーリンク

COUNT関数:数字が含まれているセルの個数を数える

 

まずはCOUNT関数から説明していきます!

 

COUNT関数の説明

 

COUNT関数は指定したセル範囲に数値が何個あるかを数えてくれます。

 

COUNT(①値 1, ②[値 2], …)

①: カウントする対象セルもしくはセル範囲を指定します。
②: 【省略可能】カウントする対象セルもしくはセル範囲を追加指定できます。

 

 

動画でCOUNT関数の使い方を説明!

 

では、動画でCOUNTの使い方を見てみましょう。

 

Excelカウント

 

A3のセルに =COUNT(C2:C5) を入力してEnter

動画では、4個のセルに数値が入っているのでA3セルに4と表示されましました。

とてもシンプルですね。

 

 

注意点:文字列はカウントできません

 

実は、COUNT関数は数値しかカウントできません。

数値以外が含まれていた場合、どうなるかを動画で確認してみましょう。

 

Excelカウント関数エラー

 

黄色のセルを見ると、「文字」「100円」といった文字列が入ってます。

前回と同じようにA3セルに  =COUNT(C2:C5) を入力してEnter

 

結果は4ではなく、2と表示されました。

繰り返しになりますがCOUNT関数は数値だけ数えます。

文字列はカウントしてくれません。

 

 

「あれ、日付はカウントしてくれるの?」

 

そうでなんです、実はExcelの日付は数値として扱われます。

具体的には日付はシリアル値といった数値として扱われてます。

数値のためCOUNT関数でカウントされます。

 

シリアル値:日付のセルを右クリック⇒セルの書式設定⇒数値⇒OKとすると確認できます。

 

 

複数のセル範囲も選択できます!

 

カウントしたいセル範囲が複数ある。

このような場合もCOUNT関数は対応できます!

 

Excel カウント関数 複数選択

 

↑の動画のように複数のセル範囲を選択して数を数えることもできます!

 

複数のセル範囲を選ぶ際は、選択した範囲と範囲の間を ,(カンマ) で区切りましょう。

 

=COUNT(C2:C5, E2:E5)

一つ目ののセル範囲を選択 ⇒  ,(カンマ)を入力 ⇒ 二つ目のセル範囲を選択

 

今回は2つのセル範囲にしましたが、選択するセル範囲は3つでも4つでも増やすことができますよ!

 

 

スポンサーリンク

COUNTA関数:空白でないセルの個数を数える

 

次は空白でないセルを数えてくれるCOUNTA関数を説明します!

そう!COUNT関数は数値のみでしたが、COUNTA関数はセルに値が入っていればカウントしてくれます。

数値であれ、文字列であれ、スペースであれ、空白でなければカウントします!

 

実際、頻度としてはCOUNTA関数を使うことが多いですね!

 

COUNTA関数の説明

 

COUNTA関数は空白でないセルの個数をカウントしてくれます。

 

COUNTA(①値 1, ②[値 2], …)

①: カウントする対象セルもしくはセル範囲を指定します。
②: 【省略可能】カウントする対象セルもしくはセル範囲を追加指定できます。

 

 

動画でCOUNTA関数の使い方を説明!

 

使い方を見ていきましょう!

とはいっても、COUNT関数と使い方は全く同じです)笑

 

 

動画では、数字や文字列など色々混在してますが問題なくカウントしてますね。

日本語で書かれている名前等で使えるので、飲み会人数やシフト人数のカウントなど色々使えますね。

 

ちなみに、#VALUE!といったエラーも数えることができます。

 

 

COUNTBLANK関数:空白セルの個数を数える

 

最後は空白を数えてくれるCOUNTBLANK関数を紹介します!

 

COUNTBLANK関数の説明

 

COUNTBLANK関数は空白セルの個数をカウントしてくれます。

 

COUNTBLANK(①範囲)

①: カウントする対象セルもしくはセル範囲を指定します。

 

 

動画でCOUNTBLANK関数の使い方を説明

 

使い方はCOUNT関数と同様です。

なので、↓の動画ではもう少し実践的な使い方も併せて紹介してます。

 

Excel COUNTBLANK関数

 

動画では売上金額に空白がないかをチェックしています。

 

データが手入力で追加される場合、入力忘れ等を確認する必要があります。

データが入力される度に目視でチェックするのは面倒ですよね。

そこで動画のように、COUNTBLANK関数を使い一目で入力忘れがないかを確認しています。

※動画のデータは少ないので、あまりピンときませんがデータが多ければ多いほど効果を実感できます。

 

もちろん、飲み会の欠席人数を数える等でも使えますよ! )飲み会以外の例がなぜか出ない笑

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回はカウント周りの関数を3つ紹介しました。

使い方も3つともセル範囲を選択するだけでしたね。

 

改めて、3つの関数の機能をまとめます。

①COUNT関数: 数値のセル個数を数えてくれます。

②COUNTA関数: 空白でないセル個数を数えてくれます。

③COUNTBLANK関数: 空白セルの個数を数えてくれます。

 

ぜひ、使用用途に応じてお使いください!

 

 

関数・数式を入力する際に便利な小技

 

数式を入力する際に便利な小技を紹介してます!

Excel・エクセル 数式の作成をより簡単、快適に!便利な小技を紹介!
数式を作っているこんな悩みありませんか?数式のスペルが途中までしか思い出せない、数式がどこを参照しているかを解りやすく確認したい、結果が可変する関数の結果をサクッと確認したい・・・ こんな時に使える便利な小技やコツを紹介していきます!

コメント