Excel・エクセルのIF関数を複数条件で使いたい!入れ子にすれば使えますよ

この記事は約4分で読めます。

Excel_IF関数複数条件

 

どうもmMmです!

今日は、私の職場でもよく質問されるIF関数の使い方です!

 

条件に応じて3つの処理に分岐させたい!

 

この問題は、IF関数を使っていくと必ずぶち当たります。

でも、憶えてしまえばずっと活躍してくれますよ!

関連記事:IF関数の基本をおさえる!ExcelのIF関数で効率UPしませんか?

 

 

スポンサーリンク

はじめに

 

IF関数は条件で処理を2つに分ける(分岐)ことができます。

でも、実務でIF関数を使っていくと、こんな場面にぶち当たります。

 

「処理を2つじゃなくて、3つに分けたい!」

 

繰り返しになりますが、IF関数は2つだけしか処理を分けてくれません。

でも3つに分けたい、では、どうするのか?

 

答えはIF関数の中にIF関数を入れてしまえばいいんです。

入れ子(ネスト)と呼ばれる方法です。

 

 

数式の書きかた

 

では、どのように入れ子(ネスト)の数式を書くかを紹介します!

 

基本のIF関数は下記になります。

=IF( ①条件式 , ②条件が真の場合の処理 , ③条件が偽の場合の処理)

 

この数式の、③条件が偽の場合の処理 の部分をIF関数に差し替えるだけです。

 

差し替えるとこうなります。

=IF( ①条件式 , ②条件が真の場合の処理 , IF( ①条件式 , ②条件が真の場合の処理 , ③条件が偽の場合の処理))

 

 

【動画】複数条件のIF関数の実例

 

Excel_if関数の複数条件

 

動画では飲み会の会費計算を行ってます。

課長は6000円、一般の男は4000円、一般の女は3000円、と処理が3つに分かれてますね。

 

数式を見るとIF関数の中にIF関数が入ってます。

D3セルの数式は↓となってます。

=IF(C3=”課長”, 6000, IF(B3=”男”, 4000, 3000)) 

 

処理の流れは下記のようになります。

①まずは役職が課長かを判別。課長なら6000をセルに入れる

②課長でない場合は男かを判別。男なら4000をセルに入れる

③男性でなければ女と想定し、3000をセルに入れる

 

 

スポンサーリンク

注意点

 

お気づきかもしれませんが、入れ子にすることで3つどころか、4つ、5つと処理を分けることが出来ます。

だからと言ってたくさん入れ子をすると、後で見返した時に処理の内容が分からなくなります。

 

私もこの方法を覚えたときは、調子に乗ってネストしまくりました。)笑

そして、参照するセルが増えたのでIF関数の中身を修正しようとしたんですが、10個ほど入れ子にしていたので

数式を読み解くのに30分ほど時間がかかりました。

今思い返すと、他の数式で対応できた内容でした。

 

できれば、入れ子は3つ程度で収めるのがベターかと思います。

 

IF関数って、範囲指定はできないの?

 

実は、他の関数を組み合わせることで範囲指定もできます。

例えば、50点から70点の間はBランクといった判定ができるようになります。

関連記事:Excel・エクセルのIF関数で範囲条件って使える?簡単に使えますよ!【動画説明】

 

 

IF関数以外にもExcelの便利ワザを知りたいアナタへ

 

よろしければ、こちらもどうぞ

 

す、すばやい!仕事のできる人は使っているExcelの小ワザ

 

厳選!効率が上がるExcelのショートカット活用術
Excelのショートカットは100個以上あります。でも、そんなに使いこなせてますか? 私自身、全然使いこなせてません。使いこなせなくても、「ExcelはmMmだよな~」と会社では言われてます。 そのワケは数多くショートカットを知っているからではなく少ないショートカットを使いこなすように努力しているからです。 そこで、私自身が仕事でよく使うショートカットを紹介していきます。

 

コメント