【簡単】Excel IF関数で範囲条件を使う方法【gif動画】

この記事は約3分で読めます。

Excel_if関数_範囲キャプチャ

 

60以下80以下のときに優秀と表示したいけど、

どうやって関数を書けばいいんだろう?

この悩みの解決方法を本日は紹介します。

私は今ではExcelで業務の生産性をバリバリ向上させてますが、15年前の触り始めの頃はやり方が解らなかったのでExcel本を見ながら解決したのを今でも覚えてます。

とはいっても難しい話ではなく、IF関数にAND関数を使うだけで実現できます。

では、見て行きましょう!

IF関数がわからん!という場合はこちらをどうぞ

関連記事:IF関数の基本をおさえる!ExcelのIF関数で効率UPしませんか?

 

スポンサーリンク

範囲条件を使う方法

 

範囲条件を使う場合、IF関数とAND関数を使います。

まずは動画をどうぞ!

Excel_IF関数_範囲条件

 

動画では、点数が70点以上かつ90点以下なら優秀と表示させています。

範囲を指定するにはAND関数を使います。

 

数式は

IF(AND(B3>=70, B3<=90), “優秀”, “”)

条件式の部分をAND関数にすることで範囲を指定します。

AND関数の条件に一致(真)すれば、”優秀”と表示。

一致しない(偽)場合は””(空白)を表示します。

 

AND関数ってなに?

 

AND関数ってなに?

AND関数は指定した条件式が全て一致するかを判断する関数です。

一致したら真、一致しなかったら偽といった結果を返します。

 

数式は下記になります。

=AND(①条件式, ②条件式)

今回のIF関数のように、AND関数は他の関数と組み合わせて使われます。

 

なので、今回の数式の意味は下記となります。

IF(AND(B3>=70, B3<=90), “優秀”, “”)

IF(70以上で、90以下ですか?, そうだから”優秀”を表示, 違うから空白を表示)

 

回答を複数に分岐させる方法

 

「優秀だけでなく最優秀や普通とか、条件によって結果を複数に分岐させたい」といったこともあるでしょう。

その場合は↓のような感じで使います。

 

Excel_IF関数_範囲実例

このようにIF関数の入れ子(ネスト)を使うと3つに条件分岐ができます。

関連記事:IF関数を複数条件に使う方法はこちら

 

スポンサーリンク

実はOR関数といったものもあります

 

AND関数と似たような関数で、OR関数といったものがあります。

OR関数はどれか一つでも条件が一致するかを判断します。

条件が一つでも一致したら、真といった結果を返します。

どれも一致しなければ、偽といった結果を返します。

例えば、女性もしくは高齢者はキャンペーン対象とするといった場合などに使います。

 

まとめ

 

IF関数の中に

  • AND関数を入れることで、範囲条件が使える
  • OR関数を入れることで、どれか一つでも当てはまったらといった条件指定が使える

範囲条件が使えるようになるとIF関数利用の幅が広がりますね。

ぜひ、ANDやORを使いこなしIF関数を応用の幅を広げてくださいね!

 

IF関数以外にもExcelの便利ワザを知りたいアナタへ

 

こちらもどうぞ!

す、すばやい!仕事のできる人は使っているExcelの小ワザ
厳選!効率が上がるExcelのショートカット活用術
Excelのショートカットは100個以上あります。でも、そんなに使いこなせてますか? 私自身、全然使いこなせてません。使いこなせなくても、「ExcelはmMmだよな~」と会社では言われてます。 そのワケは数多くショートカットを知っているからではなく少ないショートカットを使いこなすように努力しているからです。 そこで、私自身が仕事でよく使うショートカットを紹介していきます。

 

コメント