厳選!効率が上がるExcelのショートカット活用術

この記事は約4分で読めます。

Excelの小技やコツ

 

「ショートカット多すぎ!使えるショートカットってどれよ!」

「使うかわからないショートカットを覚えても損するのでは?」

 

Excelのショートカットは100個以上あります。

でも、そんなに使いこなせてますか?

私自身、全然使いこなせてません。

使いこなせなくても、「ExcelはmMmだよな~」と会社では言われてます。

 

そのワケは数多くショートカットを知っているからではなく、少ないショートカットを使いこなすように努力しているからです。

 

そこで、私自身が仕事でよく使うショートカットを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

行列数の多いデータを全コピー

 

行列数の多いデータをコピーする場合どうしますか?

マウスでドラッグして範囲を選択、Ctrl+Cでコピーしてませんか?

行列が多くなればなるほど、ドラッグが大変でちょっとストレスですよね。

 

このショートカットを使えば長~いドラッグから解放されます。

 

  1. 最初のセルを選択
  2. [Ctrl] + [Shift]+[:] で全選択
  3. [Ctrl] + [c] でコピー

 

Excel_テーブルコピー

 

データの途中に空白があると全選択できません。

 

データの一番下や右まで行きたい、選択したい

 

データの一番下に行きたい、一番右まで行きたい。

10行や30行ぐらいなら↓ボタンやスクロールでいいですが、10000行を超えてくると

「・・・・・・何時になったら下に着くんだ!」

となりますよねw

 

そんな時はCtrlを押しながらの矢印ボタンを威力を発揮します。

 

  • データ内のどこかのセルを選択
  • [Ctrl] + [矢印]でカーソルがデータの最後に移動
    ※Shiftも押すと範囲選択できますよ!

 

Excel_一番下や一番右まで

 

データの途中に空白があると全選択できません。

 

 

上書きじゃなくて別名で保存したい

 

上書き保存のショートカットであるCtrl + S は便利ですよね。

私も凄い短い間隔で押してます。(エラーで強制終了が怖いw)

でも、テンプレートを使っている場合などは別名で保存したいときがありま

「メニューから別名保存を選んで・・・もっと簡単にできないの?」

 

もちろんできます!

 

[F12]で名前を付けて保存の画面が表示

 

Excel_別名で保存

 

 

スポンサーリンク

空白を●●に置換えたい

 

置換を実施するだけでしょ?

その通りです!

 

でも以外に、

「空いてるところに、全部●●いれたいんだけど簡単な方法ない?」

と質問を受けます。

 

知らない人が多いのかなぁ~と思ったので紹介します。

 

  • 範囲を選択
  • [Ctrl] + [h]で置換画面を表示
  • 「置換後の文字列」欄に入れたい文字を入力し、「全て置換」を押す

 

Excel_置換

 

 

直前の状態に戻す

 

知っている人が多いショートカットです。

そして、一番よく使うショートカットなので紹介します。

 

「あ!いまの操作やっぱ無し!」

っていう時に使います。(私はしょっちゅう使ってますw)

 

  • [Ctrl] + [z]で直前の作業を取り消し、一つ前の状態に戻す

 

Excel_直前の状態に戻す

 

 

ショートカットは効率アップの最初の一歩!

 

これ以外にもショートカットは数多くあります。

ただ、闇雲にたくさん覚えても忘れてしまいます。

 

今回、紹介したショートカットは私や周りの同僚がよく使っているもので、効率がいいのは実証済みです。

 

アナタの知らないショートカットあったのであれば、是非使ってみてくださいね!

コメント