ご紹介。本当は簡単!ピボットテーブルの5つの使い道 Excel・エクセル

Excelピボット

 

どうも、mMmです!

 

「ピボットテーブル聞いたことあるけど、どういう時に使うの?」

「なんか難しそう・・・」

「そもそもピボットテーブルの使い方が解らない」

 

このような声を良く社内で聞きます。

 

そこで今日はExcelの素晴らしい機能であるピボットテーブルの使い方を紹介します。

数式を使わなくても、ピボットテーブルを使うことで簡単に色々出来ちゃいます!

更にピボットテーブルの使い道も併せて紹介します!

 

スポンサーリンク

【動画】3クリックでピポットテーブル画面を展開

 

では、最初にピポットテーブルの画面を出しましょう。

3クリックでサクッと出来ます!

 

Excelピボット作成

 

表のどこかをクリック ⇒ 挿入のピボットテーブルを選択 ⇒ そのまま「OK」

 

たった3クリックです。

これだけでピボットテーブルの画面が別シートに立ち上がります。簡単ですね。

 

これでピボットテーブルを使う準備ができました。

さっそくどんなことが出来るのかを見ていきましょう!

 

 

【動画】使い道①:重複を削除したリストを作る

 

「このリストから重複を除いた業種一覧を作りたいんだけど・・・」

ちょいちょいありますよね。

データが少なければ手作業で作れもしますが、データ量が多くなると話は違ってきますよね。

多くの手間がかかり、ミスも増ていきます。

 

「資料の一部として使いたいだけなのに・・・なぜこんな手間をかけねばならないんだ」

 

そんな時の強い味方がピボットテーブルなんです!

たったワンクリックで重複なしのリストを作ることができます。

 

さっそく動画で確認してみてください!

 

Excelピボット重複削除

 

動画では取引先業種を重複させずに表示しています。

 

 

【動画】使い道②:アイテム毎の個数を計算する

 

ピボットテーブルの主な機能である集計機能を使って個数を数えてみましょう。

個数計算もマウスを2回動かすだけで簡単にできてしまいます。

 

Excelピボット個数計算

動画では取引先業種の個数を表示させています。

 

【動画】使い道③:アイテム毎の合計を計算する

 

次は合計を計算しましょう。

売上や利益など簡単に項目別に計算できてしまいます。

 

これもマウスを2回動かすだけです!

 

Excelピボット合計計算

 

動画では取引先業種の売上を計算しています。

 

 

スポンサーリンク

【動画】使い道④:クロス集計する

 

縦だけでなく、横にもアイテムを出してクロス集計してみましょう。

これも3クリックです。

 

Excelピボットクロス集計

 

動画では縦:支店、横:事業部の売上を表示しています。

 

 

【動画】使い道⑤:そのままレポートとして使う

 

私自身、会社に提出する週次レポートなどでピボットテーブルを使うことがよくあります。

 

理由としては3つあります。

  1. 上司が分析しようと思ったら、ピボットをそのまま使える。
  2. 各セルをダブルクリックすることで元データを表示できる。
  3. 折り畳みやフィルタリング機能がついており、見やすく使いやすい。

 

もちろん、上司によってはピボット画面が見ただけで拒絶反応を起こすかもしれません。

報告相手に合わせて使いましょう)笑

 

では作ってみましょう。

計算させただけでは見づらいのでデザイン部分を後半に調整しています。

 

Excelピボットレポート

 

 

まとめ

 

動画で見ていただいた通り

ピボットはマウスを動かすだけで簡単に出来ます。

IF関数などを入力する必要もありません。

 

今回、紹介したピボット機能だけでも効率はかなり上がるんではないでしょうか?

データが多くなれば多いほど効果を発揮しますよ!

 

ぜひピボット使ってみてくださいね!数

値がパッと反映するので色々触っていると楽しくなってきますよ!

コメント