Excel・エクセル 簡単!3ステップで重複を削除する方法【動画】

この記事は約2分で読めます。
Excel_重複なしリスト
  どうもmMmです! 最近、立て続けに重複削除方法の質問を受けました。   「会社一覧を作りたいんだけど、このリストを見ると会社名が重複しているだ。mMmさん、サクッと重複していない会社一覧を作れない?」   そこで、今日は簡単にExcelの削除削除方法を動画で紹介します!   手作業で削除すると時間やミスも発生しますよね。 データが多くなればなるほど多くの時間を要することはもちろんミスの頻度も上がってきます。 でも、この方法ならわずか3ステップで、しかもミスなく出来ちゃいます!    
スポンサーリンク

動画で重複削除する方法を紹介!

 
Excel_重複なしリスト_動画
   

STEP1 リストをマウスで選択する

  動画でもあるように最初にリストをマウスで選択しましょう。 選択する場所はリストであればどこでも問題ありません。   リストを選択していない状態で次のステップを行うと以下のエラーがでます。  
重複なしのエラー
   

STEP2 データ重複削除をクリック

 
Excel_重複なしリスト
  Excel上部のメニュー「データ」⇒重複削除をクリックします。    

STEP3 重複削除したい列をチェック

 
Excel_step3_重複なしリスト
  今回は会社名の重複を削除したいので、会社名のみにチェックを入れてOKをクリックします。 これで重複削除されたリストが完成です!  
会社名と売上にチェックが入った状態でOKを押すと、両方の項目で重複しているものを削除することになります。動画のリストでは重複するものが無いので「重複する値は見つかりません」とPOPUPで表示されます。
 

まとめ

  簡単にまとめると リストを選んだ状態で重複の削除を押す。重複削除したい列を選んでOK。 となります。   これに限った話ではありませんが、こういった単純作業には便利な方法があったりします。 このブログでは効率が一つの目標になってますので随時紹介していきます。    

コメント