Excel・エクセル 連動したプルダウンを動画で簡単に習得!

Excel 連結プルダウン

 

どうもmMmです!

プルダウンで項目を選択したら、横のプルダウンは連動した項目を選べるようにしたい!

会社でよくある要望ですよね。

私もついこの前に社内の人間に頼まれ作成しました。

 

プルダウンを連動させるの難しそうだなぁ~と思われがちですが、ちょっと癖があるだけで覚えてしまうと以外と簡単です。

今日は、この癖を解りやすく解説ながら連動したプルダウンの作り方を紹介していきます!

 

連動プルダウンを覚えることで入力者の選択間違いが減るのでおススメです!

集計する人にとっても選択間違いが減るということは、集計や検算にかかる工数が減りますよね。

効率が上がること間違いなしですね!

 

 

スポンサーリンク

プルダウンの基本の作り方を習得していますか?

 

この記事の前提として、プルダウンの基本的な作り方を知っている必要があります。

プルダウンの作り方を知らない場合は↓のページで習得しましょう。

とはいっても難しくありません。

サクッと見て、このページに戻ってきてくださいね!

 

Excel・エクセル プルダウンのリストが追加されても自動反映させる方法!
リストが増えてもプルダウンリストに自動反映させる方法を紹介します!併せてプルダウンの基本的な作り方も紹介します。 プルダウンで使用しているリストが増えた場合、追加したリストはプルダウンに反映されませんよね。 データの入力規則でリストの範囲を変更すれば問題ありませんが、リストが更新されるたびに同じ作業をするのは、面倒でストレスが貯まります。 この方法を習得すればどれだけリストが追加されても大丈夫ですよ!

 

 

まずは作り方を動画で!

 

解説の前に動画で連動プルダウンの作る方を見てみましょう!

 

Excel連動リスト

 

動画長いですね)笑

でも、文字だけでは伝わりづらいところがあるので動画にしました。

長い分、この通りすれば連動リスト作れますよ!

 

では、動画を見たうえでポイントである名前の定義について説明していきます!

 

 

連動プルダウンのポイントは名前の定義!

 

Excelでの名前の定義とは、セル範囲にわかりやすく名前をつける機能のことです。

例を挙げると、ネット上のIPアドレスとドメインとの関係に近いですね。

要はセル範囲B3:D5ではなく、●●といった名前のほうが解りやすい!ということです。

 

そして、プルダウンを連動させるにはこの名前の定義が必須ということです。

これが大事です、セル範囲でなく名前でしか連動するプルダウンは作れません。

「セル範囲でもできるんじゃ~・・・・・・あれ、できない!」

と私も経験済みですので、ぜひ覚えてくださいね。

 

大事なことなので、もう一度いいますね。

セル範囲でなく、名前の定義で作った名前を使いましょう!

 

 

スポンサーリンク

作り方の手順を解説

 

「しつこい!大事なのは名前の定義だろ!」

と、ご理解いただけたところで作り方の手順を説明していきます。

 

Excel連動リスト_解説

 

◆ 手順 ◆  ↑図を見ながら確認しながら読めば解りやすいです。

① E3:E6に対して名前の定義で【分類】といった名前をつける。

E3:E6を選択 ⇒ 数式タブ ⇒ 名前の定義 ⇒ 名前に分類を入力 ⇒ OK

※参照範囲には、選択したセル範囲が入っていることを確認する。

② F~Hにある鮮魚、貝、軍艦、青物の列毎に名前の定義で名前をつける。

①と同じ要領で名前の定義を行う。
・F3:H3を選択し、名前の定義で鮮魚といった名前を付ける。
・F4:H4を選択し、名前の定義で貝といった名前を付ける。
・F5:H5を選択し、名前の定義で軍艦といった名前を付ける。
・F5:H5を選択し、名前の定義で青物といった名前を付ける。

  名前は必ず分類項目と一致させます。
  一致させないとプルダウンが連動しません。  

③ B3に対してプルダウンリストを作る。

  B3を選択 ⇒ データタブ ⇒ データの入力規則 ⇒ 入力値の種類:リスト
⇒ 元の値: =分類  と入力 ⇒ OK
 

④ C3に対してプルダウンリストを作る

B3を選択 ⇒ データタブ ⇒ データの入力規則 ⇒ 入力値の種類:リスト
⇒ 元の値: =INDIRECT(B3)  と入力 ⇒ OK

 

手順のとおり操作すれば連動したプルダウンの完成です!

 

次は、なぜこの方法で連結したプルダウンが出来るのか?を解説します!

 

 

INDIRECT関数で名前を参照しているから出来るんです!

 

INDIRECT関数とは、指定された文字列の参照を返してくれる関数です。

なにそれ?・・・・・・そうですよね、ちょっと解りずらいですよね。

 

例えば、B3に鮮魚が選択されているとしましょう。

=INDIRECT(B3)ではなく、=B3だった場合は鮮魚が返されます。

これがINDIRECT(B3)だと、B3の鮮魚が何を参照しているかを帰してくれます。

 

ここで名前の定義が活躍します!鮮魚という名前を定義しましたよね。

そして、鮮魚が参照してるセル範囲はF3:H3でした。

 

すなわち

① B3で鮮魚が選択された。
② 鮮魚の参照先を探す。
③ 名前の定義がされているのでセル範囲が見つかった。
④ C3のデータの入力規則にF3:H3を返す。

 

 

まとめ

 

まとめると

 

・名前の定義は必要!

・定義する名前は必ず最初に選ぶ選択項目と関連付ける。

・INDIRECT関数を使う!

この3つとなります!

 

様々なフォーマットで活躍するので、ぜひ習得を!

もちろん、効率も上がりますよ!

 

コメント